あつみ温泉

山形県

湯野浜温泉、湯田川温泉とともに庄内三楽郷に数えられる温海(あつみ)温泉は。その由来は大同2年(807年)に手負いの鶴が傷を癒しているのを見つけた説。また嘉祥2年(849年)に大地震で温泉が湧き出した説など様々だが、いずれにしても1,000年以上も昔に遡る歴史を誇っている。また江戸時代には庄内藩主酒井忠勝公が入国した後、藩公の湯役所が設けられ、以来近郊の湯治場として栄えてきた。東北最古の一つとされる温海温泉の温泉神社もあったが、昭和26年の大火で焼け出され後ろの山に再建された。だが朝市の改装とともにもとあった朝市の場所に再び温泉神社として再建された。温泉泉質はナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩温泉。温泉効能は切り傷、火傷、湿疹、皮膚病、神経痛、リウマチ、婦人病、線病質、諸病回復期。飲用は胆石、胃腸弛緩症、尿結石、金属中毒症、慢性便秘、蕁麻疹など。

⚫あつみ温泉近くの観光スポット【庄内藩校 致道館】

庄内藩の士風の刷新と、優れた人材の育成を目的に、文化2年(1805年)に酒井家九代目藩主・忠徳公が創設した藩校が庄内藩校致道館。当初は大宝寺地内に建設されたが、文化13年(1816年)に10代藩主忠器によって現在地に移築。敷地は現在の約2倍あり、矢場や馬場などが付設された。また東北地方に現存する唯一の藩校建造物で、孔子を祀る講堂、表御門、聖廟、御入間などの建物や、その敷地一帯は国の史跡に指定されている。昭和40年(1965年)より復元が始まり、昭和47年(1972年)から観光客や一般公開された。

タイトルとURLをコピーしました