恵庭温泉

北海道

旧国道36号線からほんの少し奥に入った、恵庭岳を望める小高い丘の一角に位置する恵庭温泉。開湯は昭和62年(1987年)で、平成10年(1998年)にリフレッシュオープン。湯はコーラのような茶褐色をし、肌に優しくなめらかで、美肌効果が高いと好評。内風呂には御影石を使った大浴槽をはじめ、フィンランドサウナや打たせ湯、ジャグジーそしてジェットバスなどがある。恵庭にはえにわ湖があり、湖の西側は恵庭渓谷と呼ばれ、いくつもの滝が続く景勝地となっている。また、緑のふるさと森林公園もある。温泉の泉質はナトリウム-塩化物泉(弱アルカリ性高張性温泉)。温泉の効能は神経痛、筋肉痛、関節痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、疲労麻痺、切り傷、火傷、慢性皮膚病など。

【開湯日】

昭和62年(1987年)

【温泉の泉質】

ナトリウム-塩化物泉(弱アルカリ性高張性温泉)

恵庭温泉 アクセス

●JR恵庭駅➡︎タクシー➡︎5分
●JR千歳線➡︎サッポロビール庭園駅➡︎下車➡︎約1km
●道央自動車道➡︎恵庭ICより6km

恵庭温泉 近くの観光ガイド【えこりん村】

30を数えるテーマガーデンを誇る銀河庭園は、まるで物語の絵本から飛び出してきたような庭。みどりの牧場ショーとファームツアーは動物好きの方にお薦め。他には羊のレース、アルパカや動物たちに急接近し、羊毛クラフト体験ではふわふわの思い出つくりもできる。冬は、雪の動物広場やスノーモービルで引っ張るバナナボートが登場。らくだ軒で本格ピザやパスタ、ハンバーグのも堪能できる。

タイトルとURLをコピーしました