足寄温泉

北海道

足寄町市街地南郊外、国道242号線沿いに湧く公衆浴場が足寄温泉。開湯は昭和48年(1973年)、湯はモール泉系でウーロン茶の薄くなったような色で、湯出口近くではアブラ臭を感じることもある。しかし肌はツルツル感があり。43.5度の源泉が毎分158リットルをも汲み上げている。浴室は広く、洗い場の数が少し少ない感じがするが30人大丈夫。温泉の泉質はナトリウム-塩化物泉。温泉の効能は神経痛、関節痛、慢性皮膚病、慢性消化器病、冷え性、高血圧など。

【開湯日】

昭和48年(1973年)

【温泉の泉質】

ナトリウム-塩化物泉

足寄温泉 アクセス

●JR帯広駅➡︎車➡︎80分●道東自動車道足寄IC➡︎下車➡︎50km
●JR帯広駅➡︎バス➡︎上士幌拓殖バス営業所下車➡︎タクシー➡︎40分。
●JR釧路駅●阿寒湖畔行き➡︎バス➡︎終点で下車➡︎ハイヤー➡︎20分

足寄温泉 近くの観光ガイド【オンネトー】

アイヌ語で年老いた沼あるいは大きな沼の意味があるオンネトー。雌阿寒岳の噴火により螺湾川の流れが止められてできた湖で、北海道三大秘湖の一つに数えられ、観る時間や季節によって湖面の色が変化する五色沼。周囲は森林浴としても最適で、約4km4の散策路も整備されている。マンガン鉱石で形成され、国の天然記念物に指定されているオンネトー湯の滝も必見。

タイトルとURLをコピーしました