薮ノ湯温泉

山梨県

甲斐駒ケ岳に源を発する大武川渓谷に位置する藪ノ湯温泉。雄大な南アルプス連峰を眼前に仰ぎ、北に八ヶ岳から茅ヶ岳を望む山岳パノラマはまさにドラマチック。その歴史は古く、腸病に効く名湯として知られてきた。かっては源泉の場所に岩穴を掘っての原始的な入湯と飲用を行っていたが、明治2年(1869年)に鈴木治左衛門が家業の酒造業を投げ打って温泉旅館を始めた。今なおその岩穴が残っている。21度と温めの湯は加熱され、自然石を配した風呂に注がれる窓からの眺めも良い。湯はおかゆなどに使われたり、パックに詰めて持ち帰ったりと重宝されている。温泉の泉質はナトリウム・カルシウム塩化物泉。温泉の効能は胃腸病、神経痛、筋肉痛、慢性消化器病、関節痛など。

⚫藪ノ湯温泉 近くの観光スポット【谷戸城跡】
武田氏の先祖にあたる逸見氏によって築かれた谷戸城。天正壬午の乱では北条氏方の城となり、その際に北条氏によって改修された。南に向かって突き出した丘の上に位置し、本丸からはアルプスの山々とのどかな高原の風景が広がる。春には山全体に約400本のソメイヨシノやヤエザクラが時期をずらして咲き誇る。現在は歴史公園として整備され、北杜市考古資料館には谷戸城の模型などを展示している。

タイトルとURLをコピーしました