米寿温泉

青森県

青森県おいらせ町役場にほど近い旧国道45号沿いにある米寿温泉。開業は昭和58年(1983年)で、演歌が流れる温泉公衆浴場で知られている。浴室は10人程度は入れる浴室とサウナと水風呂を併設する内湯のみで、露天風呂はないが、タイル貼りで2つに分けられた大きな浴槽には、敷地内の地下1050mから湧出している。湯は微淡黄色澄明を帯びた薄い塩味を有する食塩泉のかけ流しで、若干の塩分とヌルヌル感がある。またカランの湯やシャワーにも源泉を使用している。温泉の泉質はナトリウム−塩化物泉。泉温は42.5度。温泉の効能は神経痛、筋肉痛など。

【開湯日】

昭和58年(1983年)

【温泉の泉質】

ナトリウム−塩化物泉

【温泉の温度】

42.5度

米寿温泉 アクセス

●青い森鉄道➡下田駅➡徒歩➡約16分 ●JR八戸駅➡車➡30分
●第二みちのく有料道路➡下田IC➡車➡5分

米寿温泉 近くの観光ガイド【日本一の自由の女神像】

いちょう公園内に建立されたシンボル自由の女神像は、米国のニューヨークと同緯度で結ばれていることから、北緯40度40分の「4」の数字にこだわり建立、材質はFRPP-繊維強化プラスチック製で、高さは本体11.5m、台座9.3mを含め20.8mである。本家の4分の1の大きさで建立した。夜間は、昼間とは違う幻想的な雰囲気が漂い鮮やかにライトアップされ、ファンタジックな世界を見せてくれる。

タイトルとURLをコピーしました