北海道

知内温泉

開湯約800年を誇る天然湧出の知内温泉。宝治元年(1247年)に、源頼家の命で金山を探しにきた家臣の荒木大学が発見したと伝えられる道内最古の温泉。ただし以前からアイヌの人々が利用していたとも云われ、湯治場として整備されたのが寛永元年(162...
北海道

吉岡温泉

青函トンネルの北海道側の入口・福島町吉岡に新たに湧出した温泉が吉岡温泉。開湯は平成6年(1994年)で、やや黄色がかった湯は源泉46度で循環式。和らかな曲線が円を描き、ワイドな総クリスタルの窓からは、吉岡川のせせらぎや、うっそうと茂る杉と桜...
北海道

松前温泉

日本最北端の城下町松前にある松前温泉。約150年前に発見されていたが、現在の温泉は、当時の記録に基づき昭和61年(1986年)に、武家屋敷風建物の日帰り入浴施設として蘇った。松前杉をふんだんに使い、ほのぼのと湯けむり漂い、木の香りが充満し、...
北海道

こもれび温泉

知内町市街地から少し南に行った所に位置する「こもれび温泉」。開湯は平成8年(1996年)で、施設の特徴は何と言っても渡島管内で初めての運動浴槽(リラクゼーションプール~水着必要)の整備によって、通常の温泉を楽しめる他、老若男女の健康づくりが...
北海道

館城温泉

厚沢部町は道南の日本海側、江差町から車で1時間ほどの内陸にあり、道々上磯厚沢部線沿いの館町市街地から約1kmに位置する館城温泉。開湯は昭和59年(1984年)と古く、昔から地元で親しまれている温泉。のどかな田園風景の中地域住民の憩いの場とし...
北海道

木古内温泉

木古内町の市街地に近い海岸線に位置する木古内温泉。元々はそば屋さんが平成2年(1990年)に、石油採掘のつもりボーリングしたら石油とガスと温泉が出てきた。湯は薄い黄緑色をしており、ミネラル成分が多く含まれ美肌効果が高く、美人の湯とも云われて...
北海道

谷地頭温泉

函館の南西部に位置する谷地頭温泉。明治11年(1878年)の函館大火のあと、当時湿地帯であった谷地頭地区が宅地造成が行われ、明治15年(1882年)に、勝田銀蔵によって温泉掘削が行われ営業した。その後、昭和26年(1951年)、函館市水道局...
タイトルとURLをコピーしました