小淵沢温泉

山梨県

山梨県と長野県の県境に位置し、八ヶ岳南麓のならだかな傾斜地にある小淵沢温泉。平成8年(1996年)に、約1500mの地下から掘削に成功した温泉。源泉は標高1000mの高原に建つ、公共の宿スパティオ小淵沢に引かれており日帰り利用もできる。湯は塩味・微苦味・微硫化水素臭がある。また日本列島の基盤の裂目に長い歳月をかけ、蓄積された珍しい温泉を湛える延命の湯は、高濃度のミネラル成分を含み、心身をリフレッシュする効能を備えている。この地は、武田信玄が戦勝祈願をしたという矢の堂、矢の観音を移した観音平、軍用道路だった棒道など、多くの史跡や文化財も点在する。温泉の泉質はナトリウム塩化物炭酸水素塩温泉(中性低張性高温泉)。温泉の効能は神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え症、病後養生、疲労回復、健康増進など。

⚫小淵沢温泉 近くの観光スポット【身曾岐神社】
八ヶ岳の森(北杜市小淵沢町)に鎮座する古神道本宮・身曾岐神社。昭和60年に東京から移された比較的新しい神社で、天照太神、天徳地徳乍身曾岐自在神(井上正鐵)を祀り、安産祈願やお宮参り、七五三や結婚式ができる神社。境内はとても綺麗で、心身ともに清らかな気持ちになり、そして1年を通して行事が行われている。

タイトルとURLをコピーしました