宮古島温泉

沖縄県

癒しの島・宮古島の地下から湧出する源泉は平成1818年(2006年)12月にオープン。そ観光はもちろん療養のため訪れるお客様、地元の方も気軽にご利用できる。宮古島空港から10分ほど行った日帰り施設で楽しめる温泉。平成18年(2006年)12月にオープンし、内湯、露天風呂の他、家族風呂、足湯、サウナなどが楽しめる。また夜22時までやっているので、旅行中でも、旅行の疲れを癒せたり、家族風呂もあるのでプライベートな時間を過ごせるのでお薦め。赤茶色に濁った湯は、地下1500mから湧き出る源泉を掛け流し。泉質はナトリウム-塩化物温泉。効能はリウマチ、抗炎症、糖尿病、貧血、アレルギー、慢性皮膚病、痙攣、鎮静、切り傷、火傷、虚弱児童、慢性婦人病。

⚫宮古島温泉の観光スポット【伊良部大橋】
伊良部大橋は平成27年(2015年)に、宮古島と伊良部島を結ぶ橋として開通しった。今まではフェリーでしか渡れなかったが全長3,540mを、無料で渡ることができる。この橋のおかげで、宮古島の中心である平良地区から伊良部島で人気の高いビーチをあっという間に行けるようにんった。青い空とエメラルドグリーンの海に挟まれ、夕陽も幻想的。宮古空港から車で約15分。

タイトルとURLをコピーしました