山中温泉

石川県

今から約1300年前に行基による開湯伝説も存在する山中温泉。しかしながら広く知られる開湯伝説は平安時代の開湯とされ、鎌倉武士の長谷部信連が傷を負った白鷺が傷を癒しているところから発見し、改めて掘ってみたところ温泉が湧き出たと伝えられている。奥の細道で知られる松尾芭蕉と河合曾良は驚異の速さで行程を歩いたが、終点の岐阜大垣を目前に安堵したか、温泉嫌いであった芭蕉もここ山中温泉の名湯が格別気に入り八泊した記述が残されている。また昭和初期まで各温泉宿には内湯が無く、湯ざやと呼ばれる共同浴場を利用していた。南北に流れる大聖寺川の清流や山中温泉のシンボル、蟋蟀(こおろぎ)橋を観光するコースもお薦めだ。温泉の泉質は含石膏芒硝泉(カルシウム・ナトリウム硫酸塩泉)。

⚫山中温泉 近くの観光スポット【あやとりはし】
あやとりを模したユニークなデザインの「あやとりはし」は、ひと際目をひく紅紫色のS字橋。いけばな華道草月流家元勅使河原宏氏デザインのよる。実際橋に渡るといろいろな方向の風景を眺められる鶴仙渓遊歩道。また九谷五彩をイメージした夜のライトアップ「KAKUSENKEI LIGHT」は毎日開催している。

タイトルとURLをコピーしました