白山温泉

石川県

高山陣屋の役人山崎弘泰が天保10年の夏に、平瀬から白山温泉を経て白山へ登山をした時の紀行文「山分衣」にも記しているほど歴史は古い。また明治44年に発行された岡村利平著の飛騨山川には、「大白川温泉白山東面の中腹地獄谷にあり、塩類泉にて温度132度を有す」とあり、明治の初めから、40年間に名称も変わったらしい。当時でも白山温泉はまさに秘湯中の秘湯だった。昭和9年に手取川が大氾濫を起こし、あたりの集落を飲み込み、多くの人命や建物が失われた。永井氏は家族を失いながらも白山の登山口を守るために、水害から逃れた建物を移築して現在の場所で旅館業を始めた。やがて、建物から200mほど離れた場所に源泉が発掘され、その湯を宿に引湯するようになった。この温泉は、昭和28年大白川ダム(白水湖)に水没するまで姿を変えることなく、里人や登山客に利用されていた。数軒の宿が砂防工事関係者や登山客に利用されていた。温泉の泉質はナトリウムー塩化物・炭酸水素塩泉。泉温は18〜25℃、49.8℃。

⚫白山温泉 近くの観光スポット【白山比め神社】
白山比咩神社は、全国に奉斎される三千有余の白山神社の総本宮で、奥宮を白山の山頂に祀る北陸鎮護の大社。また国宝などを納めた宝物館や鶴来町の物産品を販売もしている。式内社、加賀国一宮。旧社格は国幣中社で、現在は神社本庁の別表神社。 通称として白山さん・白山権現・加賀一の宮・白山本宮とも称されている。

タイトルとURLをコピーしました