長浜太閤温泉

滋賀県

長浜太閤温泉は豊臣秀吉が最初に築いたとされる長浜城跡から湧く温泉で昭和58年(1983年)5月に発掘された。秀吉が初の子供を授かったということから「子宝の湯」とも言われています。そのお湯は茶褐色で鉄分を多く含み湯さめしにくいと言われる。琵琶湖を眺めながら湯船につかるのも最高です。泉質は総鉄イオン泉で神経痛、リウマチ、婦人病、貧血などに効果があると言われています。温泉の含鉄泉は含鉄泉。温泉の効能は 関節リウマチ、変形性関 節症、腰痛症、神経痛、五十肩、打撲、捻挫などの慢性期)、運動麻痺における筋肉のこわばり、冷え性、末梢循環障害、胃腸機能etc。

⚫長浜太閤温泉 近くの観光スポット【長浜城歴史博物館】
羽柴(豊臣)秀吉が初めて築いた長浜城。長浜城の内部が、歴史博物館として昭和58年に再復元されたもので、5階最上階の天守展望台からは、琵琶湖はもちろん竹生島、姉川古戦場、市街地などのパノラマが一望。城のある豊公園は日本さくら名所100選の一つで、四季を通じて湖畔散策も楽しめる。他に秀吉による長浜のまちづくりや、湖北・長浜の歴史、文化などを紹介する企画展を開催。

タイトルとURLをコピーしました