阿蘇内牧温泉

熊本県

阿蘇内牧温泉が発見されたのは明治30年(1897年)。その源泉の数はおよそ100本と非常に多い。お湯は地下250メートルから湧き出し、豊富な湯量を誇る。この地域は阿蘇山周辺の観光スポットの拠点ともなっている。また、足湯なども楽しむことができたり、共同浴場もあるので十分に楽しめるだろう。泉質は含石膏芒硝泉で神経痛、リウマチ、皮ふ病などに効果があるとされている。

⚫阿蘇内牧温泉近くの観光スポット【大観峰】
熊本県阿蘇市に大観峰は、標高は935.9m。 阿蘇北外輪山の最高峰で、阿蘇カルデラやカルデラ壁、そして中央火口丘である阿蘇五岳をはじめ、九重連山も一望できる。眺めは仏の涅槃像にもたとえられ、秋晴れの早朝には、雲海を見ることができる。阿蘇五岳を一度に望む絶好のビュースポット。大正11年(1922年)に、熊本県出身の明治の文豪・ジャーナリスト、徳富蘇峰によって命名されたものde、古くは遠見ヶ鼻と呼称されていた.

タイトルとURLをコピーしました