南紀白浜温泉

和歌山県

紀伊半島の南西部にある南紀白浜温泉。千葉県の白浜温泉と区別するために南紀白浜温泉とも呼ばれている。その歴史は古く、日本書紀や万葉集の時代に遡る。日本書紀によると、白雉9年(658年)に斉明天皇、朱鳥5年(690年)に持統天皇、大宝1年(701年)に文武天皇が、現在の南紀白浜温泉である牟婁の湯を訪れている。また愛媛県の道後温泉、兵庫県の有馬温泉と共に日本三古湯とも呼ばれている。白浜空港も近く、新幹線新大阪駅から紀勢本線特急で2時間半ほど。交通の便も良い。

⚫南紀白浜温泉近くの観光スポット【アドベンチャーワールド】
和歌山代表するアドベンチャーワールド。 愛くるしいパンダやイルカのショーはもちろん、マリンワールドやサファリワールドには海・陸・空の様々な動物が約1,400頭が自然のままに生きる姿を間近に見られる。他に放し飼いの動物を専用車や列車型に乗り見物できるサファリワールド。小動物と遊べるエンジョイワールド海のパフォーマンスが楽しめるマリンワールドのほか、ジェットコースターや大観覧車のあるプレイゾーンなどがある。

南紀白浜温泉にある旅館・施設



全室オーシャンビュー 白浜古賀の井 リゾート&スパ

コメント

タイトルとURLをコピーしました