京都府

京都府

湯の花温泉

湯の花温泉は、京都府亀岡市(旧国丹波国)にある温泉。泉質は単純弱放射能泉(天然ラジウム温泉)。国道372号線のバイパス部分に宿泊施設が立ち並び、温泉の入り口には鬼の像が立ち並び温泉客を迎えてくれる。また宿泊施設以外には、100円で200リッ...
京都府

鞍馬温泉

京都市の中心部から北へ約15km、鞍馬天狗で有名な鞍馬の山里に湧き出す温泉地が鞍馬温泉。湧出時の泉温は約15℃と低く硫黄を含んだ冷泉だった為、温泉と気づかずに湧き水として利用されていた。温泉だと知られたのは後々のことで、現在でも一度沸かして...
京都府

嵐山温泉

平安時代から貴族の別荘地として栄えてきた京都嵐山。温泉地としての歴史は、大正時代から温泉旅館の嵐峡館などをはじめ、2〜3件の温泉宿が存在していたが、あまり有名な温泉地ではなかった。平成16年(2004年)に、地域活性化の一環として源泉を再ボ...
京都府

夕日ヶ浦温泉

丹後半島の北側に位置し、夕日が美しい浜詰海岸の砂丘に昭和56年(1981年)に湧出した夕日ヶ浦温泉。地下約950mから豊富に湯が湧き出ており、掛け流しでの宿泊施設も多い。無色透明で肌触りが特徴の湯は、ツルツルの美肌 効果が高く美人湯として知...
京都府

丹後温泉

日本海に面した京丹後市丹後町(旧丹後町)の中心部、間人(たいざ)港近くに位置する丹後温泉。昭和56年(1981年)に掘り当てた比較的新しい温泉で、鴻ノ鶴温泉などの総称として知られるている。温泉は硫酸塩泉で無色透明。僅かに塩味を感じられる。ま...
京都府

木津温泉

木津温泉は京都府内でももっとも古い温泉で、別名しらさぎ温泉とも呼ばれている。奈良時代の僧侶行基が、シラサギが傷を癒しているのを見て発見したという伝承が残っている。また、今から1250年ほど昔、奈良時代の天平の飢饉が起こり、この丹後木津でも少...
京都府

浅茂川浦島温泉

丹後半島の浅茂川漁港および八丁浜浅茂川海水浴場付近に、平成10年(1998年)に湧出した浅茂川浦島温泉。近くに浦島太郎の伝説の残る島児神社や、竜宮の7種の宝物を納めていた式内網野神社などがあり、浅茂川浦島温泉の名前もそこから来ているようだ。...
京都府

橘の郷 上野温泉

昭和57年(1982年)に湧出した比較的新しい橘の郷上野温泉。不老不死の霊菓(非時香菓)を探せと垂仁天皇の命を受けた田道間守が、その実である橘を持ち帰った土地と伝えられる網野町木津。また橘の読みが転じて、現在の地名・木津(きつ)になったと伝...
京都府

二塚温泉

京都府京丹後市網野町の北部に位置し、日本海に突き出た断崖から湧出していのが二塚温泉。開湯は約800年前に遡る古湯で、その昔、丹後に大陸の先進技術を伝えた渡来人の功績を讃えるために、塚を作った際に温泉が湧き出てきたと伝えられている。湯は無色透...
京都府

るり渓温泉

千年の都・京都。その北西に位置する城下町・園部の山奥に、平成14年(2002年)に湧出した「るり渓温泉」。隣接する通天湖より流れが始まる園部川の渓谷は、通称るり渓と称される景勝地。明治時代には当時の京都府船井郡の郡長が、陽光にきらめく清流が...
タイトルとURLをコピーしました