寺泊岬温泉

新潟県

長岡市寺泊と新潟市を結ぶ越後七浦シーサイドライン(国道402号線)の、寺泊側入り口に位置する寺泊岬温泉。前方に日本海と佐渡島、右手に霊峰弥彦山を望むロケーションが魅力の絶景な地に、平成17年(2005年)に新しく温泉が湧出。約1300万年以上前の地層から湧き出た太古の海の恵みは、温泉成分濃度が非常に高い貴重な源泉。また夕陽でも知られており、夕陽を見ながらの入浴は格別。温泉の泉質はナトリウム塩化物泉、中性低張性高温泉。温泉の効能は一般的適応症、やけど、切り傷、慢性皮膚病、慢性婦人病、慢性消化器病、虚弱体質など。

【開湯日】

平成17年(2005年)

【温泉の泉質】

ナトリウム塩化物泉、中性低張性高温泉

【温泉の温度】【源泉のpH値】

14度     7.7弱アルカリ性 

寺泊岬温泉 アクセス

●JR越後線➡︎寺泊駅➡︎バス➡︎坂井町・大野積行き➡︎大野下車➡︎徒歩5分
●関越自動車道➡︎北陸道➡︎三条燕IC➡︎車➡︎約30分
●JR上越新幹線➡︎JR長岡駅➡︎バス➡︎大野積行き市坂下車➡︎徒歩約10分

寺泊岬温泉 近くの観光スポット【寺泊水族博物館】

寺泊水族博物館は日本海に浮かぶ、海の上に建つ八角型の白い建物が印象的な水族館。館内には420種類、12,0001匹の魚介類が展示され、マリンガールによる餌付けショーやテッポウウオの餌取り射撃ショーのほか、季節によりヒトデなどの水生生物に触れるタッチプールがある。また、デンキウナギの放電実験や巨大なトドの剥製は見どころが盛り沢山。屋外広場にはペンギンが楽しそうに泳ぐ姿も堪能できる。

タイトルとURLをコピーしました