芋川温泉

新潟県

銀山平から小出までの、銀山最盛期には八箇所宿場の一つとして栄えた芋川温泉。開湯は昭和40年(1965年)に掘り当てられ、佐梨川に臨み周りを木立に囲まれ落ちついた佇まいの1軒宿。湯は無色透明で、時おり黒褐色の浮遊物も見られ、肌触りも柔らかく全身をしっとりと覆われるような感じがする。宿の湯船からは越後の山並みや佐梨川を一望できる。関越自動車道・小出ICより車で約151分。上越新幹線浦佐駅より約25分。温泉の泉質は単純温泉。泉温は34.1度。湧出量 251.9リットル/分。温泉の効能は神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺など。

⚫芋川温泉 近くの観光スポット【鷹待城跡 】
上杉景勝が会津に転封となる迄六代に渡り上田長尾氏に臣従した穴沢氏は、広瀬谷緒将の中心となったと言う。六日町の坂戸城の本丸手前に広瀬曲輪と言う郭があるが、穴沢氏が中心となって坂戸城の補強普請を行ったことから、この名が付けられたと言う。それ程上田長尾氏に信頼された武将であった。現在は頂上の鞍部に少し見える三角の屋根が、復元された鷹待城。展望台からは鏡ヶ池などを望める。

タイトルとURLをコピーしました