燕温泉

新潟県

平安初期に弘法大師(空海)が発見したと伝えられる歴史ある燕温泉。昔から湯治場として利用され、のどかな佇まいを見せている。温泉街として開発が計画されたのは明治8年(1875年)からで野趣満点の黄金の湯と、奥に進むと上杉謙信の隠し湯として伝えられる河原の湯があり、切り立った渓谷に染まる乳白色の野天風呂だ。温泉街として開発が計画されたのは明治8年頃からであるが、実際に温泉街が開かれたのは明治28年。昭和47年に環境庁告示第11号により、関温泉と共に国民保養温泉地に指定。妙高高原の標高約1,100mに位置し、スキー場も数多く点在。上信越自動車道の妙高高原ICで下車。温泉の泉質は含硫黄-ナトリウム・カルシウム-炭酸水素塩・硫酸塩・塩化物泉。温泉の効能はリウマチ、神経痛、切り傷など。温泉の温度は43度。

⚫燕温泉 近くの観光スポット【関温泉 不動滝】
関温泉に近い渓谷の不動大橋の下にある関温泉 不動滝。以前は妙高山系で最も大きな滝だった、別名・大滝とも呼ばれ、現在は落差20m程となった。滝壺の脇には、眼病に効くといわれている不動尊・大滝不動が祀られり、渓谷は新緑や紅葉の時期など四季折々の美しさが楽しめる。

タイトルとURLをコピーしました