越後湯沢温泉

新潟県

康平5年(1962年)の会津藩の記録では、温泉は既に存在していたと記載されている越後湯沢温泉。平安末期、高橋半六(高半旅館祖)の温泉発見より毎分約300リットル始まった。越国境谷川岳の北西麓に位置し、上越新幹線大清水トンネルを抜けると、駅周辺の魚野川沿いにホテルや宿が点在し、近くにはスキー場も数多い。この温泉を一躍有名にしたのは川端康成の雪国である。その昔は三国街道の重要な宿場町で、大名や商人が往来し、旅人の疲れを癒した。また豪雪で三国峠が不通になると、多くの逗留客で賑わった。昭和6年から7年にかけて、新たな源泉の発掘が行われた。従来の湯沢温泉の源泉はぬる湯であったが、新しい源泉は湯温70度と高温。温泉の泉質は弱アルカリ性単純温泉。温泉の効能は筋肉痛・神経痛・五十肩・運動麻痺・うちみ・消化器病・痔疾・冷性etc。

【開湯日】

享禄元年(1528年)

【温泉の泉質】

弱アルカリ性単純温泉

【温泉の温度】【源泉のpH値】

32~83度     8弱のアルカリ性

越後湯沢温泉 アクセス

越後湯沢温泉 近くの観光スポット【大釜弁財天】

タイトルとURLをコピーしました