溝の口温泉

神奈川県

第三京浜道路にほど近く、川崎市立橘小学校の隣に位置し、市民プラザ通り沿いに面する温泉のスーパー銭湯。オープンは平成18年(2006年)で、地下1,800mか化石海水タイプの源泉が湯量豊富に湧出。温泉は澄んだ琥珀色をしており、火山性の温泉とは異なり、古生代に埋もれた草や木の葉の成分が地下水に溶け込んでできた冷鉱泉。浴後はスベスベ感とほのかに油臭があり、湯上がりは肌がしっとりとなる美人の湯として知られている。加熱しているが源泉かけ流しの温泉を楽しめる、露天風呂や寝ころび湯も完備。温泉の泉質はナトリウム塩化物炭酸水素塩温泉(弱アルカリ性低張性温泉)。温泉の効能は神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、打身、消化器病、 痔疾、冷性、切傷、火傷、皮膚病、婦人病etc、

⚫溝の口温泉 近くの観光スポット【溝口神社】
神社保存の棟札によれば、宝永5年(1709年)に武州橘樹郡稲毛領溝口村鎮守、赤城大明神の御造営を僧・修禅院日清が修行したと記されており、かつては溝口村の鎮守・赤城大明神と称され、当時は毘沙門天と弁財天を祀っていたた。 明治維新後、神仏分離の法により総鎮守として祀るべく新たに伊勢の神宮より御分霊を奉迎し、御祭神を改め溝口神社と改称、更に明治6年幣帛共進指定村社に列せられた。

タイトルとURLをコピーしました