飯坂温泉

福島県

鳴子、秋保とともに「奥州三名湯」に数えられる、東北屈指の温泉地。2世紀には日本武尊が東征の時に、元禄2年(1689年)には松尾芭蕉が奥の細道の途中に立ち寄ったとされる古湯だ。その日本武尊や松尾芭蕉も浸かった「鯖湖湯」は 飯坂温泉のシンボル。明治22年(1889年)に建築された旧鯖湖湯は日本最古の木造建築共同浴場だったが、平成5年(1993年)に改築。 旧鯖湖湯を忠実に再現した現在の鯖湖湯には、与謝野晶子が「我浸る寒水石の湯槽にも 月のさし入る飯坂の里」 と詠んだ“寒水石”も再利用されている。他にも昔からの共同浴場が8軒揃い、今も昔も地元の人たちや観光客の憩いの場として 親しまれている。温泉の泉質は単純温泉。温泉の効能は神経痛・筋肉痛・関節痛・運動麻痺・うちみ・くじき・冷え症etc

【開湯日】

元禄2年(1689年)

【温泉の泉質】

単純温泉

【温泉の温度】【源泉のpH値】

58.5度     8.48 弱アルカリ性

飯坂温泉 アクセス

●JR福島駅➡電車またはタクシー共➡飯坂温泉➡約25分
●東北自動車道➡福島飯坂IC➡車➡飯坂温泉➡約10分
●新潟➡磐越自動車道経由➡➡飯坂温泉➡約2時間
●福島空港➡須賀川IC➡東北道➡福島飯坂IC

飯坂温泉 近くの観光スポット【旧堀切邸】

梅山太郎左衛門が、天正6年(1578年)に若狭の国から当地に移住。堀切の名は川が氾濫を食い止めたので堀切となった。地主経営のほか金融・酒造・生糸・鉄・塩など現在の商社の原型のような多角経営を行い、蓄えた財力は農民の救済に寄付し、天明の大飢饉の時に米100俵を提供するなど経済活動と救済活動に長けた人物像だった。平成22年(2010年)に、市の整備事業で近代和風住宅の主屋、市指定文化財の十間蔵、ステージを備えた下蔵、源泉かけ流しの手湯・足湯などが復元新築された。

タイトルとURLをコピーしました