佐久山温泉

栃木県

大田原市佐久山地区に湧出する温泉を佐久山温泉と総称している。平成16年(2004年)にオープンした新しい温泉で、全て天然温泉の源泉で加温や加水はしていない。ただし気温の低い冬季のみ、適温にするため2℃前後加熱している。館内には露天風呂をはじめ内湯、ジェットバス、打たせ湯、サウナ、水風呂、電気風呂温泉などが完備。温泉は柔かで、肌がスベスベになると特に女性に好評。温泉の泉質はアルカリ性単純温泉(アルカリ性低張性高温泉)。温泉の行為の効能は神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、打身、消化器病、痔疾、冷性、etc。

【開湯日】

平成16年(2004年)

【温泉の泉質】

アルカリ性単純温泉(アルカリ性低張性高温泉)

【温泉の温度】【源泉のpH値】

  44.1度    9.9の弱アルカリ性

佐久山温泉 アクセス

●JR東北本線➡︎野崎駅➡︎車➡︎佐久山温泉➡︎約10分
●東北自動車道➡︎矢板IC➡︎佐久山温泉➡︎約5分

佐久山温泉 近くの観光スポット【佐久山城跡】

那須資隆の次男泰隆が文治3年(1187年)に、佐久山の地に築城して佐久山氏を称して居住した。のち永禄6年(1563年)、子孫の佐久山義隆は一族の福原資孝に滅ぼされ、廃城となった。西側及び南側の一部に土塁が残っている。現在の城跡は現在御殿山公園と呼ばれ、本丸と二の丸など城の形がよく残り、楓の名所として知られている。

タイトルとURLをコピーしました