万座温泉

群馬県

開湯時期は不明である。坂上田村麻呂が鬼退治をした伝説があり、戦国時代には武士が湯治に訪れた記録もある。また江戸時代にも湯治場として開けていたが、あまり栄えてはいない。海抜1,800m。緑に囲まれた上信越高原国立公園内の中の高山温泉郷が万座温泉。開湯は不明であるが、温泉は酸性硫黄泉で約80度の高温。湧出量は1日に540万リットルに達し、昔から、豊富な湯量に恵まれている。また泉質は27種類を数え、主に酸性硫黄泉(硫化水素泉)で、名湯中の名湯と云われており、昔から重荷呼吸器病や胃腸病、リウマチや皮膚病に効能も多彩でと云われ、難病を治したというエピソードも数多く伝わっている。さらに美肌効果も高く、女性にも圧倒的な人気を誇っている。源泉は、姥湯(湯畑)、大苦湯、錫湯、鉄湯、苦湯、ラジウム北光泉、法制の湯などがあり、お風呂を巡りながらさまざまなお湯を楽しむことができる。また、春は残雪と新緑、夏は避暑、秋は紅葉、そして冬はスキーと、一年を通じて四季折々に楽しめます。

【開湯日】

 開湯時期は不明だがかなり歴史がある

【温泉の泉質】

 酸性硫黄泉(硫化水素泉)他27種類

【温泉の温度】【源泉のpH値】

   66.5度    2.4の弱アルカリ性

万座温泉 アクセス

●練馬IC ➡︎関越道➡︎渋川伊伊香保IC➡︎R145➡︎R144➡︎万座ハイウェイ ➡︎万座温泉
●上野 ➡︎JR特急2時間40分➡︎万座鹿沢口➡︎バス➡︎約40分➡︎万座温泉
●名古屋➡︎中央自動車道-上信越自動車道➡︎2時間➡︎信州中野IC➡︎R292(➡︎ 万座温泉

万座温泉 近くの観光スポット【万座空吹】

空吹はかつての白根山の噴火口、標高1,800mの万座温泉にある。草一本生えていない岩場から、地面に染み込んだ雨水や地下水が、噴火口跡の岩場から水蒸気となって、硫化水素ガスと共に勢いよく噴出している。その様は活火山の噴気活動の迫力を感じられて圧巻。有毒ガスが出ているので近くまで行くことはできませんが、熊四郎山の遊歩道周辺と合わせ、万座の人気観光地が空吹(からぶき)堪能してみては。

タイトルとURLをコピーしました