和倉温泉

石川県

和倉の歴史は古く、時代を遡ることおよそ1200年、大同年間に温泉が湧出すしたのが始まり。 温泉は薬師嶽の西、円山の湯の谷に湧き出したが、その後、地殻の変動で沖合60メートルの海中に湧き口が移動。 それから時代を経た永承年間、和倉に暮らしていた漁師夫婦が、湯気立つ海で白鷺が身を癒しているのを見て、 “湯の湧き出づる浦”涌浦(わくら)が発見されました。今日では能登観光の拠点であり、北陸で唯一の海の温泉として県内外より、親しまれている。 高温で豊富な湯量を誇る良質な温泉に加え、豊かな自然美を楽しめる温泉。名湯和倉の湯を守り、 育て続けた歴史がそのまま和倉温泉の歴史である。温泉の泉質はナトリウム・カルシウムー塩化物泉(高張性弱アルカリ性高温泉)。温泉の効能はリウマチ、痛風、神経痛、貧血、虚弱児童、慢性婦人疾患、アトピーり、胃腸痛、貧血症etc。

⚫和倉温泉 近くの観光スポット【和倉温泉総湯】
寛永18年(1641年)に開湯した、和倉温泉を代表する湯処。92度の高温で湧出する温泉を、熱交換器を使って加水することなく源泉を存分に楽しめる。大浴場や露天風呂、畳敷きの休憩所なども充実した設備を誇る公共浴場。地元客ははじめ観光客も数多く訪れる。玄関前には無料の足湯もあり、倍に薄めて飲用すれば、胃腸病や貧血病などに良い。

タイトルとURLをコピーしました