川尻温泉

岩手県

JRほっとゆだ駅の駅舎内にある日帰り入浴施設が川尻温泉。平成4年(1992年)にオープンし、駅と一体になった温泉で全国的にも珍しい。三角屋根の時計台がついた駅舎に「ゆ」の字の暖簾がかかり、浴室内の壁に鉄道の信号機がつけられ、電車の出発時間を知られてくれるので、電車の待ち時間でも安心して入浴ができる。青色は30分~45分前、黄色は15分~30分前、赤は15分~出発時刻と、乗り遅れる心配がない。大浴場には熱めの湯とぬるめの湯が用意され、寝湯や泡風呂などクアハウス的な設備も整っている。ほっとゆだはJR東日本北上線にあって昔は陸中川尻駅だったが、現在の駅名はひらがなで「ほっとゆだ」である。温泉の泉質はナトリウム・カルシウム−硫酸塩、塩化物泉(低張性弱アルカリ性高温泉)。温泉の効能は動脈硬化症、切り傷、火傷、五十肩など。

【開湯日】

平成4年(1992年)

【温泉の泉質】

ナトリウム・カルシウム−硫酸塩、塩化物泉(低張性弱アルカリ性高温泉)

【温泉の温度】

58度

川尻温泉 アクセス

●JRほっとゆだ駅➡︎徒歩➡︎1分
●JR北上駅 ➡︎在来線40分➡︎川尻温泉(ほっとゆだ )➡︎徒歩1分(
●秋田道➡︎湯田IC➡︎車5分➡︎ 川尻温泉(ほっとゆだ )

川尻温泉 近くの観光ガイド【女神山】

女神山は、岩手県と秋田県の県境にそびえる、真昼山地南部の山の一角で、複雑な地殻変動によって形成されており、山中には降る滝、白糸の滝、女神霊泉など7つの滝を望みながら登山を楽しめる。また、途中のブナ見平では、見事なブナ林を見ることができる。天候に恵まれれば鳥海山を望む。ま真昼岳への縦走コース(上り約2時間)もあり、途中の見晴らしや花畑が綺麗。

タイトルとURLをコピーしました