松川温泉

岩手県

岩手県北西部、八幡平市の松川に沿いにある松川温泉。岩手山に連なる山塊の中腹、標高800mの地にあり、美しい松川渓谷の山間にひっそり佇む静かで素朴な温泉。その歴史は古く、平安中期の武将安倍貞任の家臣、伊藤某が平安時代の康平5年(1062年)に発見し、その末裔の高橋与次郎が寛保3年(1743年)に開湯したのが始まりと伝えられている。また宿の大半は、昭和41年(1966年)に松川地熱発電所から引き湯して開湯した。湯は白濁の源泉かけ流しの豊富な湯で、松川温泉は十和田八幡平国立公園域で、八幡平登山、裏岩手縦走コース、冬スキーの基地。国民宿舎、ユースホステル、松川スキー場などがある。温泉の泉質は単純硫化水素泉。泉温は63.5度。温泉の効能は糖尿病、痛風、冷え性、神経痛、疲労回復、皮膚病、婦人病、創傷、リウマチ、高血圧など。

【開湯日】

康平5年(1062年)

【温泉の泉質】

単純硫化水素泉

【温泉の温度】

63.5度

松川温泉 アクセス

●JR大更駅➡︎バス➡︎松川温泉終点➡︎約60分
●JR盛岡駅➡︎バス➡︎松川温泉終点➡︎約90分
●松尾八幡平ICI➡︎車➡︎約25分  

松川温泉 近くの観光ガイド【松川渓谷】

十和田八幡平国立公園の南東に位置し、東八幡平から松川温泉までの風光明媚な景観を誇る松川渓谷。標高800mの山あいの渓谷には、ブナ、ナラ、カエデ、モミジなどの落葉樹が多く、新緑から紅葉まで美しい自然が楽しめる。特に森の大橋は人気スポットとなっており、橋から見下ろす紅葉はまさに絶景。見頃は10月上旬〜10月下旬。またイワナやヤマメが釣れ太公望には絶好のポイント。

タイトルとURLをコピーしました