台温泉

岩手県

台温泉は、1200年前の大同年中(紀元後806年頃)に、坂上田村麻呂の家臣がこの地に温泉があることを聞き、将軍に征夷の疲れを癒してもらおうと、温泉に入浴することを薦めた。600年前の元中4年(紀元後1387年)湯本の猟師が雉を追って山奥へ入ったとき、渓谷の間から煙が立ち登っているのを発見したと伝えられ、この温泉が大湯(雉子の湯)であり台温泉発祥の地で云われている。また坂上田村麻呂が躰癒ゆと言ったことから地名を薹・ダイと呼ぶようになった云う説と、台(原名タイ)はアイヌ語では森林の意味でありそれから由来している説もある。温泉の泉質は単純硫黄泉・含硫黄-ナトリウム-硫酸塩・硫化物泉・ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉など。温泉の効能は神経痛、筋肉痛、関節痛、運動麻痺、筋肉のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え症、病後回復期、疲労回復、健康管理。

【開湯日】

1200年前の大同年中(紀元後806年頃)

【温泉の泉質】

単純硫黄泉・含硫黄-ナトリウム-硫酸塩・硫化物泉・ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉など

【温泉の温度】

95.8度

台温泉 アクセス

●JR花巻駅➡︎バス➡︎台温泉➡︎約30分 ●東北道花巻IC➡︎約10分
●新花巻駅➡︎バス➡︎約35分 ●新花巻駅➡︎タクシー➡︎約30分
●花巻空港駅➡︎タクシー➡︎約13分

台温泉 近くの観光ガイド【宮沢賢治記念館】

宮沢賢治記念館は、昭和57年に宮沢賢治ゆかりの地である花巻市胡四王山に開館した。館内にはスクリーン映像や関係資料を5分野に分類し、解説と作品に至る創作過程、最新の研究成果などイーハトーブの世界を展示紹介している。平成27年にリニューアルオープンし、宮沢賢治の散策の地であり,「経理ムべキ山」の一つにあげていた胡四王山の頂上に,全国の賢治ファンからの寄付金を基に建てられた。詩人・科学者・教育者としての賢治の思想と多彩な活動を7部門にわけて視聴覚的に再現している。新しくなった宮沢賢治記念館で感じていては。

タイトルとURLをコピーしました