瀬見温泉

山形県

文治3年(1187年)、兄の源頼朝の怒りをかい、奥州平泉を目指していた源義経一行が発見した瀬見温泉。追われる身になった悲運の武将源義経と身重の北の方や家来の一行が、苦難の北陸・越後路を越え、藤原領の出羽国(現在の山形県)に入った時は追手の危険が和らぎ、少し安堵したようである。鼠ケ関から庄内を経て最上川を遡り、本合海(もとあいかい)から瀬見に着いた時に、北の方が急に産気づいて亀若丸を生んだと伝えられている。その時、弁慶が産湯を探して小国川の川辺を長刀で突いたところ、湯が湧き出したと云う伝説も残っている。温泉の泉質は塩化物泉。温泉の効能は神経痛、疲労回復、皮膚病、婦人病、動脈硬化など。

瀬見温泉 近くの観光スポット【鬼首かんけつ泉】

文治3年(1187年)に、源義経主従が奥州落ち伸びて奥州平泉に向かう途中、同行していた北の方が義経の子(亀若丸)を出産した。その際に加護のあった観音様が祀られ、子授かりと安産の神として信仰されている。 杉木立の中にひっそりと静かに佇み、当時の面影を残しつつ伝説を今に伝えている。

JR瀬見温泉駅➡徒歩で15分 ⚫東北中央道新庄IC➡車で20分

タイトルとURLをコピーしました