小野川温泉

山形県

平安時代の承和(834年〜848年)の頃、六歌仙の一人で絶世の美人と誉れ高い、小野小町が父を探して京都から東北に向かった途中で病に倒れた。その時、薬師如来が夢枕に立ち、その導きに従って発見したのが小野川温泉。その温泉に浸かって病を治したという伝説が今でも残っている。山形県を横断する最上川の源流の一つである大樽川(鬼面川)の河畔に広がる温泉で、伊達政宗もこよなく愛した温泉で知られている。またラジウムの含有量も全国有数で、小町ゆかりの伝承から美人の湯とも呼ばれ、肌や髪が艶やかになると評判。温泉の泉質は含硫化水素ナトリウム・カルシウム-塩化物泉。温泉の効能は神経痛、リウマチ、皮膚病、慢性胃腸病など。泉温は83℃。湧出量は毎分1200リット。

【開湯日】

承和(834年〜848年)

【温泉の泉質】

含硫化水素ナトリウム・カルシウム-塩化物泉

【温泉の温度】

35度〜80度

小野川温泉 アクセス

●JR米沢駅➡︎バス➡︎上杉神社前➡︎下車約5分
●東北中央道➡︎米沢中央IC➡︎車➡︎約20分
●JR山形新幹線米沢駅➡︎バス➡︎小野川温泉行き➡︎下車すぐ

小野川温泉 近くの観光スポット【鬼首かんけつ泉】

越後の春日山城で、1578年に49歳で急逝した上杉謙信を祀る上杉神社は、米沢市の米沢城本丸奥御殿跡に建立。現在の本殿は明治神宮や平安神宮の設計者として知られる、米沢市出身の伊東忠太の設計で、大正12年に再建された。上杉神社は旧社格は別格官幣社。江戸時代後期から明治時代初期に流行した藩祖を祀った神社の一つ。

タイトルとURLをコピーしました