ニセコ湯本温泉

北海道

ニセコ連峰チセヌプリの南麓、標高600mの高地に位置するニセコ湯本温泉。開湯は明治18年(1885年)の温泉郷で、大湯沼を泉源とし、国民宿舎や旅館、ペンションなど4軒の湯宿で構成されている。そのいずれもが露天風呂を設備し、湯はかけ流し。大湯沼には遊歩道が設けられており、途中に無料足湯もある。湯は白濁の硫黄泉と鉄分を含んだ薄茶の単純泉の2種類の濁り湯が。身体の芯まで温めてくれる。湯元は雪秩父と目と鼻の先にある大湯沼で、南北に70m、東西に30mの湯沼の底からガスが発生し、絶えず沸騰状態にあり吹き上げる白煙は数十mにも達する。温泉の泉質は単純硫黄泉(硫化水素型)。温泉の効能は関節炎、筋肉痛、リウマチ、神経痛、五十肩、運動麻痺、打ち身、慢性消化器病・痔疾・冷え症など。

【開湯日】

明治18年(1885年)

【温泉の泉質】

単純硫黄泉(硫化水素型)

ニセコ湯本温泉 近くの観光ガイド【大湯沼】

蘭越町ニセコ湯本温泉にある大湯沼は、標高約560mの温泉の泥沼。ちょうどニセコ湯本温泉雪秩父と横並びになっている。湖底の噴気口からの高温のガスによって、湖水が加熱され、硫黄成分を含んだ湯沼になっている。学術的に貴重な黄色球場硫黄が浮遊する。湯温平均70度で、湯元温泉の源泉となっている。沼の周囲長は約200m、湯量が毎分1,000リットル。

>ニセコ湯本温泉 アクセス

⚫️小樽IC➡車➡約100分
⚫️電車➡JR昆布駅JRタクシー➡約30分

タイトルとURLをコピーしました