ニセコ東山温泉

北海道

北海道を代表する羊蹄山の麓に位置するニセコ東山温泉。開湯は昭和61年(1986年)で、ニセコ温泉郷のなかでも屈指の温泉。羊蹄山が目の前に見えるロケーションと北海道らしい雄大さと開放感を味わえる。夏はリゾート、冬はスキーとアクティビティといい。湯は薄い黄褐色で肌に優しく、しっとりなじむ。また源泉温度が53度以上と高い為、清掃後の湯張りのときだけ加水調整しているが、それ以外はかけ流し。温泉の泉質はナトリウム-硫酸塩・炭酸水素塩・塩化物泉。温泉の効能は冷え症、胃腸病、慢性消化器病、リューマチ・神経痛、関節痛、筋肉痛、疲労回復など。

タイトルとURLをコピーしました