比羅夫温泉

北海道

北海道南西部に位置する倶知安町にある比羅夫温泉。雄大な自然が広がるニセコ積丹小樽海岸国定公園の一角を成、ニセコアンヌプリの南東斜面にある。明治27年(1894年)に源泉を発見。翌年山田太助が旅館を開業し、以来山田温泉と称したが近年改称した。泉質は硫黄泉。付近にニセコ最大のニセコ国際ひらふスキー場があり、その基地となっている。尚、比羅夫という地名は阿倍比羅夫が政庁を置いたことによるという伝承があり、函館線倶知安駅からバスの便がある。温泉の泉質は含硫黄-カルシウム-硫酸塩泉(硫化水素型)。温泉の効能は関節痛、五十肩、神経痛など。

【開湯日】

明治27年(1894年)

【温泉の泉質】

含硫黄-カルシウム-硫酸塩泉(硫化水素型)

比羅夫温泉 近くの観光ガイド【半月湖】

蝦夷富士で親しまれている羊蹄山の西麓に位置する火口湖。三日月形の火山湖が半月湖で、約1万年前に羊蹄山の火山活動で生じた火口に水が溜まり誕生した。春には拳や山桜の花が、秋には赤や黄色の紅葉が湖面を彩る。湖畔からは羊蹄山の山頂部を望むことが出来、写真撮影にはこれ以上ないスポット。またキャンプ 場そいても人気で、家族連れや男女のカップルにも好評。

>比羅夫温泉 アクセス

⚫️JRニセコ駅➡車➡20分。
⚫️札樽道➡小樽IC➡R5経由➡車➡約2時間

タイトルとURLをコピーしました