幕川温泉

福島県

東北自動車道福島西ICから、国道115号線を経由して土湯方面へ約50分の所にある幕川温泉。奥土湯温泉郷の中では最も奥地にあり、土湯峠の県道から険しい崖沿いの道を数キロ走らなければたどり着けない。水戸屋、吉倉屋の二軒の旅館が隣同士に建っており、源泉を分け合っている。荘厳な佇まいが秘湯の雰囲気を醸し出している日本秘湯を守る会の会員。創業は100年を越し、一説には用明天皇2年に聖徳太子の使者、畑河勝がこの地で湯治を行った伝説も残っている。温泉の泉質は単純泉。泉温は73度。温泉の効能は神経痛、関節痛、胃腸病、児マヒ、慢性湿疹、切傷、婦人生殖器の慢性諸病、慢性筋関節炎など。

【開湯日】

用明天皇2年

【温泉の泉質】

弱アルカリ性単純温泉

【温泉の温度】【源泉のpH値】

68度     7.1中性

幕川温泉 アクセス

●JR福島駅➡︎福島交通吾妻スカイライン➡︎バス➡︎鷲倉温泉下車
(5月上旬~11月上旬、1日2便運行)で1時間5分
●JR東北新幹線➡︎福島駅➡︎バス➡︎磐梯高原行き➡︎土湯峠下車
●東北道➡︎福島西IC➡︎R115➡︎経由➡︎約30km➡︎約60分

幕川温泉 近くの観光スポット【吾妻小富士一周路】

吾妻小富士は標高1,707mの山で、本来の名前は摺鉢山と云う。火口壁部分からは福島市街や安達太良山、蔵王などを一望できる。また浄土平から山頂までわずか標高差100m。山頂は砂地で摺鉢型をしたコニーデ型火山。お鉢回りという火口一周コースは、ゆっくり歩いても約40分で回れ、雄大な展望が楽しめる

タイトルとURLをコピーしました