会津柳津温泉

福島県

およそ1200年の長い歴史を持ち、日本の三大虚空蔵尊の一つ福満虚空蔵尊圓蔵寺の門前町として、古くから栄えてきた柳津町の温泉が会津柳津温泉。今までは西山温泉から引湯していたが、昭和62年(1987年)に圓蔵寺境内でボーリングで新たに掘削し、700mから源泉の湧出に成功した。只見川のほとりにある小さな温泉だが、温泉は塩味でスベスベした湯上り感が特徴。また肌にチクチクとしてうっすら白く湯冷めをしないのが特徴。柳津町は会津有数の霊場でもあり全国から参拝者が集う信仰の里。温泉の泉質はナトリウム-塩化物温泉。温泉の効能は切り傷、やけど、慢性皮膚病、虚弱児童、慢性婦人病など。

⚫会津柳津温泉 近くの観光スポット【福満虚空藏尊圓藏寺】
福満虚空藏菩薩圓藏寺は1200年の歴史を誇り、茨城県の大満虚空蔵菩薩、千葉県の能満虚空蔵菩薩と共に日本三大虚空蔵の一つで、人々から厚い信仰を集めている。ご本尊の福満虚空蔵菩薩は弘法大師の作と伝えられ、400年前の大地震にも赤毛の牛が寺を再建する資材を運び、赤べこ伝説が残っている。ゆったり流れる只見川、風光明媚な景色を、春は桜が彩り、秋はモミジ。樹齢200年以上の松が200本以上あり、県緑の文化財。

タイトルとURLをコピーしました