相川平根崎温泉

新潟県

相川平根崎温泉は佐渡で最初の相川平根崎温泉。昭和44年(1969年)に、佐渡随一の景勝地で知られる尖閣湾の北に位置する平根崎の海底から、温泉が湧き出ていたのを偶然ダイバーに発見した。平根崎の台上の一軒宿で展望大浴場より日本海が一望できる。平根崎海岸は国の天然記念物に指定されている波蝕甌穴群や、近くにはた佐渡金山跡や宗大夫坑、金山資料館などが当時の栄華を窺える。湯はアルカリ性単純泉で無色透明。温泉は泉質はアルカリ性単純温泉。温泉の効能は神経痛、筋肉痛、運動麻痺など。

⚫相川平根崎温泉 近くの観光スポット【平根崎の波蝕甌穴群】
平根崎の波蝕甌穴群は、尖閣湾の北部に位置し、平根崎海岸の岩盤斜面約500mに及ぶ無数の円形の穴。波の渦紋浸食によってできた国内最大規模の甌穴群で、甌穴は78個、直径2m以上の穴が14個、深さは約3mに達し、国の天然記念物に指定。穴の中には小石が入り込んでいるのが見られ、波の作用で回転しながら浸蝕を早めている。沖あいの海中からは温泉が湧き出しており、ダイバーに人気のスポットとしても知られている。

タイトルとURLをコピーしました