咲花温泉

新潟県

その昔、先花地と呼ばれた所に湯の花が噴出しており、それに因んで咲花温泉と名付けられた。昭和29年(1954年)に開湯し、全国でも珍しい緑色の天然温泉で、それは温泉の中のカチオンという物質が、空気に触れると緑色に発色するようだ。また、日本観光地百選にも選ばれた阿賀野川ラインの畔に位置し、毎分2000リットルもの湯量を誇りっている。温泉の泉質は単純硫黄物泉、硫黄ナトリウム塩化物泉。温泉の効能は慢性皮膚病、慢性婦人病、切り傷、糖尿病、高血圧症、動脈硬化症など。湯温は54度。

⚫咲花温泉 近くの観光スポット【佐取古戦場】
佐取古戦場は、JR咲花駅前に在る戊辰戦争の激戦地跡。寄合白虎隊が戦ったことでも有名で、慶応4年に阿賀野川を挟んで北岸が石間、南岸が佐取(五泉市)。石間に陣を敷いていた会津軍は、佐取山(大久保山)と陣ヶ峰に布陣し、白虎二番寄合隊は1,000m離れた佐取集落石井方に待機した。白虎隊士星勇八が戦死を遂げ、多くの戦死者を出した会津軍はついに敗れ、長徳寺・石井佐久次方に火を放ち退却した。

タイトルとURLをコピーしました