五頭温泉郷

新潟県

五頭温泉郷には出湯・今板・村杉の3つの温泉がある。出湯温泉は開湯から1200年、県内最古の歴史を誇り弘法大師伝説が残る温泉で、アトピー性皮膚炎に効果がある温泉地としても全国に知られている。一番南に位置する村杉温泉は、鬱蒼と繁る老杉古松に抱かれたのどかな里。温泉の歴史は古く、1335年に足利氏の武将荒木正高が発見したと伝えられている。大正3年にはラジウムが発見された。今板温泉は、弘法大師が五島山開拓の際に源泉を発見したと伝えられる温泉。ラドン温泉で泉温が20℃弱と非常に低いのが特徴。

⚫五頭温泉郷 近くの観光スポット【五頭山】
五頭山は、大同4年(809年)に弘法大師によって開山され、以来長きにわたって人々の信仰を集めてきた。五つの峰からなる山容で知られ、その名がついた五頭山。また初級者から上級者まで年間を通して10万人が訪れる、低山ながら山頂からの景色が良く、難易度に合わせたコースも人気を博している。山の麓は、五頭温泉郷(出湯、今板、村杉温泉)として知られている。

タイトルとURLをコピーしました