日光小倉山温泉

栃木県

日光八景の筆頭「小倉春曉」として謳われる、風光明媚な小倉山に位置する日帰り温泉施設。平成14年(2002年)オープンした比較新しい温泉で、赤と黒を基調にした外観が印象的。また加水、加熱、循環一切なしで、ナラの原生林に囲まれ露天風呂や内風呂はすべて源泉100%のかけ流し。無色透明の温泉は適温で、ふわっと柔らかく、ツルツル感があり、約15種類のシャンプーとリンスが置かれている。温泉の泉質はアルカリ性単純温泉(アルカリ性低張性高)。温泉の効能は神経痛、筋肉痛、冷性、痔疾、関節痛、五十肩、こわばり、打身、くじきetc。

【開湯日】

平成14年(2002年)

【温泉の泉質】

アルカリ性単純温泉(アルカリ性低張性高)

【温泉の温度】【源泉のpH値】

48.2度     8.8のアルカリ性

日光小倉山温泉 アクセス

●日光宇都宮道路➡︎日光IC➡︎R119号経由➡︎4km➡︎約7分
●東武東武日光駅・JR日光駅➡︎車➡︎各5分

日光小倉山温泉 近くの観光スポット【マックラ滝】

マックラ滝は霧降隠れ三滝の一つで、日光市の北部に聳える女峰山(2464m)の東麓に広がる、霧降高原を流れる霧降川上流の冷沢に懸かる落差30mの直瀑の滝。かつては滝の周囲が木々が生い茂り昼間でも暗いことから、マックラ滝と名が付けられた。現在は周囲の斜面が崩落したことにより光に満ちた明るい滝となっている。マックラ滝は全国でも珍しい北向きに流れ落ちる滝となっている

タイトルとURLをコピーしました