黒磯温泉

栃木県

那珂川沿いに位置する一軒宿の温泉。茶臼岳山麓に広がる那須高原や雄大な那須野ヶ原など、晴らしい自然環境を誇る温泉。先代館主が天然温泉で客を迎えたいと、昭和44年(1969年)に、温泉掘削ボーリングを開始して、1年弱の時を経て地下1,200mより良質な温泉水脈に辿り掘削に成功。横を流れる那珂川で分かるように、豊かな温泉水脈から湧き出る唯一の温泉。温泉の泉質はナトリウムカルシウム塩化物硫酸塩温泉。温泉の効能は冷性、切傷、火傷、関節痛、筋肉痛、腰痛、打身、捻挫、婦人病、皮膚病、リウマチetc。

【開湯日】

昭和44年(1969年)

【温泉の泉質】

ナトリウムカルシウム塩化物硫酸塩温泉

【温泉の温度】【源泉のpH値】

   29.8度      7.2中性

黒磯温泉 アクセス

●JR宇都宮線黒磯駅➡バス➡東野交通板室温泉行き➡終点下車すぐ
●東北自動車道・浦和IC➡黒磯板室IC➡約140km
●東北自動車道・仙台IC➡黒磯板室IC➡約180km

黒磯温泉 近くの観光スポット【黒磯神社】

黒磯郷旧家の渋井兼廣の寄進により明治35年(1902年)に、創立された黒磯地区の総鎮守。天照皇大御神、大己貴神、宇迦御魂神で、家内安全、商売繁昌、病気平癒などを主祭神に御利益があるとされる。戦没者を祀る祖霊舎や旧人力車組合の懇意により、茨城県足尾山に鎮座する足尾神社から分祀建立された。四国阿波の移住者が建立した五角形の地神碑などがある。

タイトルとURLをコピーしました