小滝鉱泉

栃木県

矢板市の北西に位置し、高原山の裾に広がる県民の森の近くの温泉。創業は明治25年(1892年)と歴史は古く、平成16年(2004年)にリニューアルオープン。住宅街の一軒家をそのまま持って来たような、普通の家に見える。温泉は日本でも珍しい鉄分を含んだ鉄鉱泉で、メタケイ酸も通常温泉成分の3倍以上も含まれ肌もツルツルになる美肌効果もあり、昔から薬湯として湯治場として親しまれきた。温泉の泉質は弱酸性低張性冷鉱泉。温泉の効能は神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、打身、消化器病、痔疾。冷症etc。

【開湯日】

明治25年(1892年)

【温泉の泉質】

弱酸性低張性冷鉱泉

【温泉の温度】【源泉のpH値】

   14.8度     3.1

小滝鉱泉 アクセス

●JR矢板駅➡車小滝鉱泉➡兵庫畑下車➡約25分
●東北道➡矢板IC➡県道30➡北上9.4km➡県道56号➡約18km

小滝鉱泉 近くの観光スポット【山縣有朋記念館】

山縣有朋記念館は、明治時代の洋風木造建築で現存する数少ないの一つで。大正12年の関東大震災で、小田原の別荘である古稀庵が大倒壊したため翌年に移築した。館内には有朋ゆかりの遺品や資料などを展示。 また建築史上でも貴重で、平成2年に栃木県有形文化財(建築)に指定された。これを契機に修復を行った。平成4年に私立歴史博物館・山縣有朋記念館として開館した。

タイトルとURLをコピーしました