益子温泉

栃木県

栃木県の東南部に位置する益子温泉。昭和68年(1988年)に地元の有志6人が温泉を温泉を掘り当てたのが始まり。益子と云えば陶器の益子焼があまりにも有名。奈良時代の昔から陶芸の里として栄え、世界に誇る名陶・益子焼の産地としても夙に知られている。その益子に湧く温泉は湯温41.8℃、PH値8.2の源泉で身体の芯から温まると評判。温泉を堪能した後は、手びねりなどの陶芸も体験できる。温泉泉質はナトリウム-硫酸塩・塩化物温泉(弱アルカリ性低張性高温泉)。温泉の効能は神経痛、筋肉痛、関節炎、五十肩、運動障害、冷え性など。現在、窯元が約380、陶器店は50が建ち並んでいる。

【開湯日】

昭和68年(1988年)

【温泉の泉質】

ナトリウム-硫酸塩・塩化物温泉(弱アルカリ性低張性高温泉)

【温泉の温度】【源泉のpH値】

   41.8度    79.3のアルカリ性

益子温泉 アクセス

●真岡鐵道益子駅➡︎益子温泉➡︎益子タクシー➡︎約10分
●真岡鐵道七井駅➡︎益子温泉➡︎益子タクシー➡︎約10分
●東北新幹線➡︎JR宇都宮➡︎日光線➡︎宇都宮駅➡︎徒歩7分

益子温泉 近くの観光スポット【益子陶芸美術館】

益子陶芸美術館では、人間国宝の故濱田庄司の作品や益子町とゆかりのある陶芸家達の作品や全国の約120か所ほどの窯場の陶器を展示している。常設展示では年に数回企画展を開催している。笹島喜平館では棟方志功に師事した木版画家笹島喜平の作品を展示。益子国際工芸交流館は世界各国の代表作家や若手作家の交流事業を開催し、作品創作や人材育成など学びと交流につながる施設。

タイトルとURLをコピーしました