奥鬼怒川温泉郷

栃木県

標高2040mの山上にある鬼怒沼を源に、原生林の中を滝となり沢となって流れ下る鬼怒川。その源流と云える最奥の渓谷沿いに、女夫淵、平家平、八丁、加仁湯、日光沢、手白沢の6湯の一軒宿の温泉が点在し、それらを総称して奥鬼怒温泉郷と呼んでいる。温泉が発見された時期は不明だが、古くから地元の人が利用していた。温泉郷が形成されてのは昭和初期。昭和61年(1986年)に温泉郷内の各宿に電気、電話が引かれ、それまではランプや自家発電の宿であった。更に奥鬼怒スーパー林道が昭和63年(1988年)に開通し、交通アクセスも便利になり幅広く利用されるようになった。温泉の泉質は単純硫黄泉、含硫黄-ナトリウム-塩化物、炭酸水素塩泉など。泉温48〜70度48〜70度。温泉の効能は神経痛、筋肉痛、関節痛、胃腸病、切り傷、肩こり、冷え性、腰痛など。

【開湯日】

昭和初期(詳細は不明)

【温泉の泉質】

単純硫黄泉、含硫黄-ナトリウム-塩化物、炭酸水素塩泉など

【温泉の温度】【源泉のpH値】

   53~94度    6.4のアルカリ性

奥鬼怒温泉郷 アクセス

●東武鐵道➡︎鬼怒川温泉駅➡︎バス➡︎女夫渕行き➡︎約1時間30分
●日光宇都宮線➡︎今市IC➡︎女夫渕温泉➡︎約90分
●日光宇都宮線➡︎日光道IC➡︎車➡︎約90分

奥鬼怒温泉郷 近くの観光スポット【間欠泉】

川俣温泉街を流れる鬼怒川に架かる噴泉橋。その袂に、40分~50分ごとにゴーツという轟音とともに噴き上げる高温泉がある。20m~30mも噴き上げる間欠で、河原の岩と岩との間から白い蒸気勢い共に熱湯が噴き上がる。噴泉橋の他に間欠泉展望台からも見ることができ、足湯もあるので寒い日には温まりながら、また噴泉のタイミングを計りながらじっくりと眺めるられる

タイトルとURLをコピーしました