武尊温泉

群馬県

群馬県川場村の標高約850mの山間に湧く武尊温泉。ここの歴史は古く、太古の昔、日本武尊が東国行脚の際に立ち寄ったという伝説があり、また平安時代から薬効がある湯として知られていた。湯は無色透明だが白い湯の花が混じり、湯上がりにはスベスベ感の残るまろやかな肌触りる。関越自動車道沼田ICから約12km。武尊温泉は川場温泉、塩河原温泉、桜川温泉、小住温泉とともに川場温泉郷の一つである。温泉の泉質は弱アルカリ性単純泉など。温泉の効能は神経痛、関節痛、疲労回復ほか。

【開湯日】

 日本武尊の時代(詳細は不明)

【温泉の泉質】

 硫黄泉、硫化水素泉、単純泉など

【温泉の温度】【源泉のpH値】

   20.5度     9.03弱アルカリ性

武尊温泉 アクセス

●関越道➡沼田IC➡車➡約15分➡武尊温泉
●JR沼田駅➡川場循環バス➡約40分➡武尊温泉
●JR水上駅➡バス➡湯ノ小屋行き➡武尊温泉

武尊温泉 近くの観光スポット【日本切り絵百景館】

川湯村の緑豊かなロケーションの中、ログハウス造りの建物が目を引く日本切り絵百景館。切り絵専門の美術館切り絵の国際公募展「ル・サロン」にも入選した後藤伸行氏が、建築したログハウス造りの美術館。全国切り絵コンクール入選作品などの展示や、気軽に楽しめる無料の切り絵体験コーナーもある。作家が館長を務める美術館ならではの奥深い切り絵の世界を堪能することができる。

タイトルとURLをコピーしました