赤城温泉

群馬県

群馬県赤城山(標高約800m)の南麓に点在する赤城温泉。その歴史は古く元禄2年(1690年)に既に発見されており、前橋藩主の酒井雅楽頭が諸人人助けの為として湯小屋を建設。新田義貞や国定忠治など歴史に登場する人物たちが訪れている。源泉は全国でも珍しい炭酸水素塩泉で、万病に効くと親しまれ、入浴後もポカポカと冷めにくい。また創業が元禄時代という老舗宿が多い。温泉の泉質はカルシウム、ナトリウム、マグネシウム、炭酸水素塩泉。温泉の効能は神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・うちみ・運動麻痺・関節のこわばり・くじき・慢性消化器病・痔病・冷え性・病後回復期・疲労回復・傷・皮膚病・慢性婦人病・便秘・痛風・肝臓病・動脈硬化・貧血・リュウマチ・美容など。泉温は約40度。

⚫赤城温泉 近くの観光スポット【赤城神社(大沼湖畔)】
上毛三山の一つに数えられる赤城山。日本百名山の一つでもあり、周辺は赤城神社がいくつか存在している。この神社、関東地方を中心として全国に約300社ある赤城神社の、本宮と推測される一社で非常に由緒正しき歴史がある。正式名称は大洞赤城神社と云い、標高1,30mを超える場所にあり、大沼湖畔の半島部分に作られている。  

タイトルとURLをコピーしました