勝浦温泉

千葉県

千葉県房総半島の南東部、勝浦駅の北西6km、国道297号線の近くに位置する勝浦温泉。天然ガス鉱床による深層から汲み上げた深層泉で昭和36年(1961年)の開湯。淡褐色でやや温めの湯はコーラ色と云われ、塩分を含み肌に優しいと評判。また「つるんつるん、飲んでさっぱり、入ってすっきり」の謳い文句どおり浴感は心地よく、そのうえ湯上りのキレも良いと評判も高い。「つるんつるん、飲んでさっぱり、入ってすっきり」の謳い文句どおりツルツルと滑らかで心地よく評判も高い。温泉の泉質は塩化物泉、炭酸水素塩泉など。温泉の効能は神経痛、リウマチ、皮膚疾患、アトピー、婦人病、胃腸痛、糖尿病、冷え性、肩こり、打撲、疲労回復など。

【開湯日】

 昭和36年(1961年)

【温泉の泉質】

 塩化物泉、炭酸水素塩泉など

【温泉の温度】【源泉のpH値】

   18.9度    8.3弱アルカリ性

勝浦温泉 アクセス

●JR外房線勝浦駅➡︎小湊鉄道➡︎大多喜車庫行き➡︎バス➡︎約15分➡︎勝浦温泉入口下車➡︎徒歩10分
●京葉道路➡︎館山道➡︎圏央道➡︎市原・鶴舞IC➡︎勝浦大多喜方面➡︎R297➡︎勝浦温泉

勝浦温泉 近くの観光スポット【勝浦海中展望塔】

勝浦市鵜原地先の一帯が勝浦海域公園に指定され、その中心施設が沖合い60mの位置に海中展望塔がある。高さ24.4m、水深8mの東洋一の規模を誇る勝浦海中展望塔は。螺旋階段で降りた海中展望室では、限りなく広がるマリンブルー。イシダイをはじめ魚や貝類など海の生物を見ることができる。季節によって回遊する魚の種類が違うので、時には巨大魚を見かけることも。太平洋を一望する海上展望室からの景色も魅力的。

タイトルとURLをコピーしました