木更津温泉

千葉県

昔からある源泉は、千葉県木更津市の港町に湧く温泉で、木更津温泉と称され、市街地にほど近い富士見に湧出する約19度の炭酸水素塩泉。平成12年(2000年)に金田海岸に湧出した木更津温泉は、3万坪のスパ三日月の敷地内に湧くナトリウム塩化物強塩温泉を云う。ナトリウムと塩素イオンを多量に含んだこの源泉は、地下約800mから毎分約260リットルをの湯量を誇り、25.7度の湯が湧出。木更津は、古くから江戸と房総を結ぶ港町として栄えてきたが、平成9年(1997年)に東京湾アクアラインにより、対岸の川崎市と15分で往来ができるようになった。温泉の泉質は炭酸水素塩泉、ナトリウム塩化物強塩温泉。温泉の効能は関節痛、五十肩、慢性消化器病、神経痛、リウマチ、婦人病など。

【開湯日】

 平成12年(2000年)

【温泉の泉質】

 炭酸水素塩泉、ナトリウム塩化物強塩温泉

【温泉の温度】【源泉のpH値】

   18.1度~23度     アルカリ性

木更津温泉 アクセス

●JR内房線館山駅➡高速金田バスターミナル➡木更津温泉 
●JR木更津駅➡バス・タクシー➡約15分➡木更津温泉
●東京湾アクアライン➡木更津金田IC➡車➡約5分➡木更津温泉

木更津温泉 近くの観光スポット【中の島公園】

中の島公園は、東京方面からアクアラインで約60分で行ける公園。鳥居崎海浜公園と木更津港に浮かぶ中の島とを結ぶ歩道橋である。また日本で一番高い歩道橋であり、全長236 m、高さ27.125m、幅4.5m規模を誇り、昭和50年(1975年)に完成。ドラマ「木更津キャッツアイ」に描かれた伝説が話題を呼び、今では「恋人の聖地」に選定されている。

タイトルとURLをコピーしました