亀山温泉

千葉県

房総半島中央の丘陵地帯に位置し、千葉県最大の湖の亀山湖のほとりに建つ亀山温泉。開湯は昭和25年(1950年)と云われており、チョコレート色のナトリウム炭酸水素塩泉で、毎分約600リットルもの湯量を誇る。泉質は美肌効果に優れ、お肌をつるつるにしてくれると評判。亀山湖は小櫃川をせき止めてできたダム湖で、ブラックバス、ニジマスなど、釣りをはじめレジャースポットとしても人気が高い。温泉の泉質はナトリウム炭酸水素塩泉。温泉の効能はアトピー性皮膚炎、神経痛、皮膚炎、関節痛、冷え性など。

【開湯日】

 昭和25年(1950年)

【温泉の泉質】

 ナトリウム炭酸水素塩泉

【温泉の温度】【源泉のpH値】

   29.4度    8.4の弱アルカリ性

亀山温泉 アクセス

●アクアライン➡︎圏央道君津ICI➡︎車➡︎約30分 ➡︎亀山温泉
●JR久留里線➡︎終点の上総亀山駅➡︎徒歩約15分➡︎亀山温泉
●館山自動車道➡︎姉崎袖ヶ浦IC➡︎鴨川方面➡︎約25km➡︎亀山温泉

亀山温泉 近くの観光スポット【亀山ダム(亀山湖)】

小櫃川の上流に位置する亀山ダム。昭和44年(1969年)に着工し、10年の歳月をかけて完成。東京ドーム12杯分に相当する1,475万平方メートルの貯水量をもち、治水や飲料水確保に利用されている。 四季折々に美しい表情を見せ、25橋巡りのサイクリングやハイキング、周辺各所にはボートハウスがあり、ボート遊び、釣りなどが楽しめる。

タイトルとURLをコピーしました