天津小湊温泉

千葉県

日蓮聖人生誕の地として知られる天津小湊。平成14年(2002年)に、宿中屋の敷地内から湧出した新しい温泉が天津小湊温泉。南房総一の透明度を誇る城崎海の温泉に因み、天津小湊温泉・城崎の源泉の湯と呼ばれている。湯は塩分を含み、お肌がすべすべになる美人の湯として知られている。天保(江戸時代末期)に、宿中屋の前身だった中屋旅館を天保(江戸時代末期)に創業。旅館としては古い歴史を誇っている。温泉の泉質はナトリウム塩化物・硫酸塩・炭酸水素塩冷鉱泉。温泉の効能は神経痛、筋肉痛、関節痛、運動麻痺、慢性消化器病、冷え症、疲労回復、健康増進、やけど、慢性皮膚病など。

【開湯日】

 平成14年(2002年)

【温泉の泉質】

 ナトリウム塩化物・硫酸塩・炭酸水素塩冷鉱泉

【温泉の温度】【源泉のpH値】

   19.3度    8.4弱アルカリ性

天津小湊温泉 アクセス

●JR外房線➡︎安房小湊駅➡︎タクシー➡︎約5分➡︎天津小湊温泉
●館山自動車道➡︎木更津南IC➡︎R127・465➡︎房総スカイライン➡︎県道24➡︎鴨川道路➡︎R128号➡︎約65km➡︎約120分➡︎天津小湊温泉

天津小湊温泉 近くの観光スポット【誕生寺】

建治2年(1276年)に、日蓮聖人の直弟子・日家上人が日蓮聖人生家跡に堂宇を建立し、高光山日蓮誕生寺としたのが始まりとされている。その後、何度かの天災を受け、宝暦8年(1758年)の大火では、仁王門を残して全て焼失した。併設する宝物館では一代伝記画、直筆などが展示されている。日蓮聖人を安置する祖師堂は、現在の地に移り小湊山誕生寺と改称された。

タイトルとURLをコピーしました