鋸山金谷温泉

千葉県

三浦半島の久里浜からのフェリーが発着する浜金谷。その海岸に位置する鋸山金谷温泉。房総半島は温泉の少ない土地柄だが、金谷は貴重な存在。その歴史は昭和47年(1972年)に鋸山の北麓より発掘され、近くの温泉施設に引き湯された。泉質はヨウ素を含み少し黒っぽい湯が皮膚に良いとされ、アトピー性皮膚炎などの皮膚疾患やリウマチや運動器疾患にも効果が高い。ヌルっとした肌触りの湯が楽しめ、飲用すると苦味と塩味の感じる個性的な味臭も特徴。温泉の泉質は含ヨウ素臭素-ナトリウム-塩化物泉。温泉の効能は神経痛、リウマチ、創傷、皮膚病など。

⚫鋸山金谷温泉 近くの観光スポット【鋸山ロープウェー】
南房総国定公園に指定されている鋸山は、富津市と鋸南町の境にそびえ清澄山地の西端にあり、山頂までは全長680mのロープウェーが結んでいる。山頂展望台からは遠くに富士山をはじめ天城山、伊豆大島、近くに三浦半島、横浜の高層ビル群、東京湾を一目で眺めることができる。この鋸山かつて室町時代から昭和57年(1982年)まで、房州石の石材を切り出した名残で、石切り場跡が垂直のがけになって随所に残っている。

タイトルとURLをコピーしました