千倉海岸温泉

千葉県

石橋山の戦いで敗れた頼朝は、 土肥実平らに護られて海路安房へ落ち延びた。その落ちた先が千倉を始めとする房総半島である。頼朝の乗っていた愛馬は足を痛め、 歩行が不自由になっていた。そこで、近くに湧いていた清水に馬の足を浸して洗ったところ、馬は元気を取り戻したので、 頼朝はこの水を沸かすよう命じて自らも入湯し、疲れを癒したという。これが千倉海岸温泉発祥の逸話ともいえる。 川尻川の下流に建つ『千倉館』という宿は、頼朝が湯に浸かって力を蓄えたこの故事にちなみ、大浴場に「出陣風呂」と 名付け名物にしている。かすかに硫黄を含んだ湯は淡黄色で、神経痛やリウマチ、切り傷などに効く。温泉の泉質はナトリウム塩化物冷鉱泉。温泉の効能は神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、冷え性、疲労回復など。

【開湯日】

 治承4年(1180年)

【温泉の泉質】

 ナトリウム塩化物冷鉱泉。

【温泉の温度】【源泉のpH値】

   18度    7.37の弱アルカリ性

千倉海岸温泉 アクセス

●JR内房線➡︎JR千倉駅➡︎バス➡︎約4分➡︎バス停➡︎徒歩約2分➡︎千倉海岸温泉
●館山道➡︎道木更津南IC➡︎R127・128・410➡︎約60km➡︎約90分➡︎千倉海岸温泉

千倉海岸温泉 近くの観光スポット【高家神社】

南房総千倉町に佇む高家神社は、日本で唯一の料理の祖神を祀る神社で、料理関係者や、料理関係者や味噌醤油などの醸造業者からの信仰を集めてきた 。平安時代の京中行事を再現した儀式に多くの参拝者が訪れる。例年10月17日、11月23日には日本料理の伝統を伝える「庖丁式」が行われ、烏帽子、直垂姿で鯉、真鯛、真魚鰹などをさばき、包丁と箸のみで行い、一切手で触れることはない。

タイトルとURLをコピーしました