川越温泉

埼玉県

小江戸で知られる川越の日帰り温泉施設。オープンは平成21年(2009年)で、地下1,200mから湧出する塩化物泉の温泉を内湯や露天風呂に湛えている。館内には9種類の風呂と3種類のサウナがあり、館内で湯巡りを満喫できる。また川越市内の、七福神巡りにあやかり、浴槽に七福神の名を冠した湯巡りあり、七福神で健康祈願できる縁起の温泉。温泉はわずかに琥珀色をしており、口に含みとん少し塩辛い。温泉の泉質はナトリウム一塩化物温泉(弱アルカリ性低張性温泉)。温泉の効能は神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、打身、消化器病・痔疾・冷性etc。

【開湯日】

 平成21年(2009年)

【温泉の泉質】

 ナトリウム一塩化物温泉(弱アルカリ性低張性温泉)

【温泉の温度】【源泉のpH値】

   34.6度     7.76中性

川越温泉 アクセス

●東武東上線➡川越市駅・JR埼京線川越駅➡徒歩15分➡川越温泉
●西武新宿線➡本川越駅➡バス➡かすみ野行 ・ 尚美大学行➡約10分➡法務局前下車➡川越温泉 

川越温泉 近くの観光スポット【喜多院】

小江戸川越の中心部にある蔵造りの街並みから、徒歩10分ほどの場所にある喜多院。川越大師として多くの観光客や地元民に親しまれている。喜多院は慈覚大師円仁が天長7年(830年)に創建した天台宗の名刹で。正式には星野山無量寿寺喜多院という。また江戸城から移築された三代将軍徳川家光・春日局ゆかりの建物をはじめとする、多くの文化財を所蔵している喜多院の名は、川越をと云うより、埼玉県を代表する寺院として全国的にも有名である

タイトルとURLをコピーしました